高等学校と一口に言っても、その中身は3つの種類(課程)があり、全日制高校・定時制高校・通信制高校とがあります。

全日制高校は、この3つの中で、圧倒的に学校数も生徒数も多く、ほとんどの皆さんが思い浮かべるのがこの全日制高校です。全日制高校は、知っての通り、朝から登校し、1日概ね6時間、週5〜6日通うスタイルで、原則3年で卒業をしなければなりません。もちろん、年間の要出席日数が足りないと進級はできません。

定時制高校は、昼間は仕事などで全日制高校に通えない人が、夜間に勉強する学校というイメージでしたが、最近では昼間などの時間帯で学べる学校もあります。1日概ね4時間、週5〜6日通うスタイルで、3〜4年程度で卒業を目指します。

通信制高校は、全日制や定時制より、時間的な拘束が比較的少なく、自分のペースで学習できるのが特徴です。単位制であれば、学年制のように留年することもありません。卒業するには3年以上在籍し、必履修科目を含めて74単位以上の取得、30時間以上の特別活動の参加が必要になります。単位は、レポート、スクーリング、テストの繰り返しで取得していきます。レポートとは自学自習で行う課題、スクーリングとは学校で行う授業のことです。
それぞれの科目には単位ごとに決められたレポート枚数、スクーリング回数があり、これらをクリアするごとにテスト(単位認定試験)が受けられ、合格すれば、その科目の単位が取得できるという仕組みです。しかしながら、学習スタイルの自由度が高い分、しっかりとした学習管理をしなければ、いつまでたっても必要な単位数が取得できず、卒業まで4年以上かかってしまうこともあります。また、校則が比較的自由なのも特徴です。

英風高校では?

スクーリングは昼から。朝が苦手でも安心です。
毎週火曜日と木曜日にスクーリングを開講しています。1日に4コマのスクーリングが設定されていますので、その中から自分が履修登録をした科目のスクーリングに参加し授業を受けます。1コマは50分授業です。スクーリングはすべて昼以降に設定されていますので、朝が苦手な人でも安心です。月・水・金はスクーリングはありませんが、教室は常に開放していますので、いつでも自由に通って自学自習ができます。

e-Portal(イーポータル)でしっかり学習管理
本校のレポート管理は、全てiPadを使用して行います。本校独自システムのe-Portal(イーポータル)から必要なレポートを選択し、タッチペンを使って解答したら、そのまま送信してください。従来のように紙に解答して封筒に入れて郵送するという手間がかかりません。レポートの添削の結果、評価基準に達し、かつ決められたスクーリング回数を終えれば、テスト(単位認定試験)が受けられ、合格すれば、その科目の単位が取得できます。e-Portalは、レポート提出だけでなく、あと何枚レポートを提出すればいいのか、あと何回スクーリングに参加すればいいのかが容易に把握できます。また、学校からの諸連絡通知、特別活動やスクーリングの予約、テストの受験予約なども行えます。通信制高校は学習スタイルの自由度が高い分、しっかりとした学習管理が大切ですが、本校ではe-Portalを使って、スマートに学習管理ができるので安心です。

学校見学・入学相談、随時受付中0120-8120-78受付 10:00 〜 18:00(定休:土日祝)

資料請求