スクーリングに通う時の服装は?

最近では通学日数が少なくても済む通信制高校が増えています。レポートとスクーリングと呼ばれる授業を受けることで単位を取得すれば卒業ができます。ただ、スクーリングに通う時の服装についてどんな服装で行ったらいいのか迷う人もいます。通信制高校はどんなスタイルなのか、通う際には服装に気を付ける必要があるのかをご紹介します。

通信制高校のスクーリングとは?

通信制高校は74単位を取得することが卒業の条件です。通信制高校は何年生という学年制ではないのですが、卒業までに74単位を取得する必要があります。1単位を取得するために、例えば3回のレポート提出と1回のスクーリングを受講するなど、教科によってそれぞれ決まった回数に取り組まなければなりません。基本的にはスクーリングの時だけ学校に通い、わからないことがあれば授業で聞くこともできます。日頃はあまり会うことの少ないクラスメートと会って授業を受けます。

通信制高校には制服がある?

まず気になるのは通信制高校には制服があるのかどうかです。結論から言うと、制服が決まっている学校もあれば、服装は自由だという学校もあります。服装だけでなく髪も自由だという学校もあり、その自由さが気に入る人もいます。これまで校則で禁止だった学校に通っていた人は自由にできて魅力に感じる人もいるでしょう。ただし、服装選びが面倒で、決まっている方がいいという人にはおすすめできません。

スクーリングの時の服装は自由?

通常のスクーリングの時の服装も通信制高校によって異なります。服装が自由な学校であれば、自分なりの服装ができてメリットです。アルバイトをしている人ならば、そのままの格好で行くことができます。制服を購入するお金は必要なく、通常着ている服で通えて便利です。しかし逆に私服の購入にお金がかかってしまう場合もありますので、どちらが得とも言えないでしょう。

前の学校の制服でも可能?

前の学校の制服や他のブランドの制服で通えるのかも気になりますね。服装が自由な学校の場合はそれでも可能ですし、禁止でない場合は着ても大丈夫です。しかし学校によっては他校と誤解されるので禁止のところもありますし、お互いの学校にとってあまり好ましくは思われないでしょう。高校に行っている気分を味わいたい、その学校の生徒であるという自覚と誇りを持ちたいのであれば、やはりその学校で指定された制服を着るのをおすすめします。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから