スクーリングのスタイルは大きく分けて3つ

通信制高校では、レポート提出だけでなく、授業スタイルのスクーリングも行われます。通信制高校を卒業するためには、必ず科目毎に決められた回数のスクーリングに出席しなければなりません。スクーリングのスタイルは大きく分けて3つありますが、それぞれの特徴などについてお話します。

スクーリングのスタイルは「通学型」「集中型」「合宿型」の3つ

通信制高校は全く通学しなくてもいいと聞いて選んだ人もいるかもしれませんが、スクーリングには必ず出席しなければなりません。スクーリングにどのくらい出席しなければならないかは、大きく分けて「通学型」「集中型」「合宿型」の3つのスタイルによって異なります。どのスタイルがメインの通信制高校もしくはコースなのかを事前にチェックしておきましょう。

通学(登校)型のスクーリング

通学(登校)型のスクーリングの場合には、概ね週1~5回通学することになります。回数はそれぞれの学校や履修している科目数などで異なりますので、事前にチェックしてください。メインは自分で勉強したいけど、一人で勉強するには自信がないので週に何回かは学校に通って勉強したい人などにおすすめです。もちろん、できるだけ通学回数を多くした方が先生に質問できる機会も増えますし、友人との出会いも多くなります。全日制高校とは少々異なる雰囲気の通信制高校へ登校してみるのもいいと言えます。

集中型のスクーリング

集中型のスクーリングの場合ですが、年間を通して数日間行けばいいようにあらかじめ決まっています。決められた時期に集中して通学する場合もあります。「日頃は他の時間に使いたい」「あまり通学したくない」という人にとってはおすすめです。通学日以外は自分の趣味ややりたいことに時間を使ったり、昼間のアルバイトをしたり、様々な時間の使い方が可能です。クラスの付き合いが苦手な人も集中型ならば少なくてすみます。

合宿(宿泊)型のスクーリング

夏休みや学校から指定された日に合宿(宿泊)をして、スクーリングを受ける通信制高校もあります。遠く離れて合宿も楽しみたい人にはおすすめです。ただし、泊りのスクーリングとなるために別途交通費や合宿費などがかかる場合もあります。「初めて会う友達との関係が心配」「多くの人の中で一緒に泊れない」など、宿泊を伴ったスクーリングを受けたくない人は注意が必要です。いざ行くとなると行けなくなることもありますので、合宿型の場合は場所やお金の面など、事前によく考えておきましょう。

進学を目指す場合はできれば通学型がおすすめ

大学などの進学を目指す場合は、通学型の通信制高校の方がいいかもしれません。多く通学することで、規則正しい生活習慣、学習習慣が身につき、単位もきちんと取っていくことができます。自分一人で勉強する自信がない人はできるだけ通学型を選択した方がいいかもしれません。通学型でも登校時間が全日制高校よりも遅くなっている学校もありますので、チェックしてみてください。大学進学を目指して学校で勉強したいけれども、全日制高校での通学時間にはどうしてもついて行けなかった人は、これなら通えると思える学校を探してみてください。

通信制高校のスクーリングは自分の生活・学習スタイルに合わせて選択ができる

通信制高校は、通学型、集中型、合宿型など自分の生活スタイルに合わせて学校を選択できるのが魅力です。「通わなければいけない」ではなく、「これなら通える」という自信が持てる学校を選んでみましょう。学校に合わせるのではなく、自分の生活スタイルに合わせて勉強し、高校の卒業資格を取得しましょう。


英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから

学校説明会のお申し込みはこちらから