通信制高校なら起立性調節障害でも通えるかも

登校日の朝、早く起きないといけないのに、どうしても起きられない・・・。思春期に多い起立性調節障害と診断され、全日制高校に通えなくなった不登校生が増えています。自分って学校を怠けているように思われてるのかな?と落ち込むこともあります。でもあきらめないで。もしかしたら、通信制高校なら通えるかもしれません。

不登校の原因で多い起立性調節障害とは?

起立性調節障害は自律神経のバランスが崩れて起きる症状の一つです。自分の意思でコントロールできないのが自律神経で、様々な内臓の働きを調節しています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、例えばストレスにより交感神経の方が活発になり続けると、体調不良になりやすくなります。起立性調節障害は、決してめずらしい症状ではなく、女子は男子より2割程度多いと言われています。特に思春期は、学校での人間関係や急激な身体の成長と変化などで、心理的ストレスにさらされることが多く、心身に現れる様々な症状にどうしても負けてしまいがちです。午後からは症状が回復することが多いのですが、特に午前中に症状が強く出るため、学校に遅刻したり、朝は勉強に身が入らなくなり、怠けていると誤解されることもあります起立性調節障害は、体の問題であり、自分の力だけで容易に改善できるものではありません。

起立性調節障害でも通信制高校なら、なぜ通えるの?

起立性調節障害は、午後から症状が良くなることが多いので、1時間目の授業が午後から始まる学校があればいいですね。ですが全日制高校の場合、当然のことながら、1時間目の授業は午前から始まります。その点、通信制高校なら、登校日数も少なく、時間割の組み方で午後からの授業(スクーリング)を中心にしたり、そもそも、授業は午後からしかない学校もあり、3年間で高校を卒業することも難しくありません。起立性調節障害は、すぐに症状が良くなるものではありません。起立性調節障害が原因で不登校になってしまってもあきらめず、午後からの授業がある通信制高校を探し、焦らず、無理せず、通いながら少しずつ回復していくのもひとつの方法です。

▷英風高校のスクーリングは午後から


この記事は、大阪府認可の通信制女子校|英風高等学校が執筆しています。

▷学校見学&個別相談の詳細はこちらから