起立性調節障害とは?|通信制高校-午後からなら通えるかも

朝どうしても起きられない・・・

登校日の朝、起きないといけないのに起きられない。

理由がわからず、「自分って怠けているのかな」と落ち込むこともあります。

でも本当の原因は怠けているわけではなく、思春期に多い起立性調節障害(OD)かもしれません。

以下のような症状に心当たりがあったら一度病院での診察も考えてみてください。

熱があったり咳が出るなどの症状がないため、周りからはサボっていると思われてしまうこともありますが、一体どんな症状なのでしょうか。

起立性調節障害とは?

起立性調節障害とは自律神経のバランスが崩れて起きる症状の一つです。

自律神経とは、自分の意思でコントロールできないのが自律神経です。自律神経は、様々な内臓の働きを調節しています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、活動時には交感神経、休息時には副交感神経が活発になります。

交感神経はたくさんの器官を同時にコントロールしていますが、副交感神経は個々の器官を独立してコントロールしています。交感神経はストレスに影響しやすく、ストレスにより交感神経の方が活発になり続けると、体調不良になりやすくなります。

起立性調節障害はOD(=Orthostatic Dysregulation)とも呼ばれ、発症すると、朝なかなか起きられない、立ちくらみ、めまい、頭痛、動悸などの症状があらわれます。

起立性調節障害は、思春期で最も起こりやすい疾患の一つであり、約5~10%が発症すると言われています。

自律神経の乱れは、季節や気候の変化、生活リズムの乱れ、心理的・社会的ストレス等の複合的な原因で発症しますが、特に思春期の子どもは、学校においての人間関係や急激な身体の成長と変化など、特有の心理的ストレスにさらされることが多く、また自立心が育ちきっていない未熟さゆえに、心身に現れるさまざまな症状に負けてしまいがちです。

起立性調節障害では、特に午前中に症状が強く出るため、学校に遅刻したり、朝は勉強に身が入らない傾向が見られます。また午後からは症状が回復することが多く、怠けていると誤解されて学校生活上影響が出てしまったり、自分でも症状に気付きにくいという特徴があります。

▶︎英風高校の学習スタイル(スクーリングは全て午後から)

自分の力だけではどうしようもない症状です

起立性調節障害の主な症状としては、具体的には以下のようなことがあげられます。

・立ち上がったときや立っているときに気持ちが悪くなったり、失神することがある。
・朝なかなか起きることができず、午前中調子が悪いことが多い。
・立ちっぱなしが求められる場面などでめまいや立ちくらみを起こしやすい。
・少し階段を登ったり、歩き回ったり動いたりしただけで動悸や息切れがする。
・乗り物に酔いやすかったり、いつも体がだるい、疲れやすい、食欲がない。 など

起立性調節障害は小学校高学年~中学生に多くみられますが、この時期は第二次性徴期とも重なり、体の様々な機能が大人へと変化していく時期です。この変化は自律神経系にも起こるため、循環器系の調節がうまくいかなくなることがあります。

起立性調節障害は、体の問題であり、本人が頑張ればどうにかなるということではありません。

どんな人が発症しやすいですか?

真面目で気を遣うタイプの子どもが起立性調節障害になりやすいと言われていますが、これはストレスをため込みやすいという精神的、環境的要素に関連すると考えられます。起立性調節障害になりやすい人の例では下記のような人が当てはまります。

・もともと朝が苦手という自覚があり、立ちくらみをよく感じる人
・低血圧の人
・規則的な生活を送っていたり、ストレスの多い環境にいる人
・責任感が強く真面目な性格の人
・天気や気圧の影響で体調が悪くなる人

午後からは元気になることが多い起立性調節障害ですが、周囲になかなか理解されにくく”単なる怠け”などと誤解を受けることもあります。

本人も学校を休んだ罪悪感から自分を責めてしまいがちです。起立性調節障害の治療には数年かかるかもしれませんが、まずは家族や学校の先生の正しい理解が必要です。焦らず、無理せず、見守っていきましょう。

▶︎英風高校の学習スタイル(スクーリングは全て午後から)

▶︎英風高等学校の転入学・編入学について

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから