通信制高校でも大学進学を目指せるの?

通信制高校でも大学進学を目指せるのでしょうか?もちろんそれなりにしっかりと勉強はしないといけませんが、実は通信制高校の方が大学受験に向いているポイントもあるので、通信制高校で大学進学をしたいと考えている人は簡単に諦めずぜひ挑戦してみてください。

通信制高校から大学進学はできるの?

結論から言うと、通信制高校からでも大学進学は可能です。通信制高校というとその後の進路は就職をイメージする人も多いかもしれませんが、通信制高校から大学進学を果たしている先輩は数多くいます。

通信制高校が大学進学に向いているわけ

通信制高校が大学進学に向いている理由として、自分のペースで学習を進めることができることが挙げられます。通信制高校では、普段は教科書などを用いて自宅で学習し、レポートの提出や実際に学校で授業を対面で受けるスクーリングに出席しながら学習を進めていきます。

通信制高校の場合、登校型コース以外は、毎日学校に通って授業を受けることはほとんどありません。そのため、履修した科目に応じて自学自習を中心に学習を進めていきます。自分で学習を進めるので、どこが理解できないのかがすぐにわかります。理解できない点がわかることで、わからないところを重点的に学習を進めればよいですし、志望する大学に応じた勉強をすればよいので、効率的な学習計画が立てられます。

一方で、自分で計画的に学習していかなければなりませんので、自己管理をしっかりと行うことが求められますが、見方を変えれば、決められた時間に決められた授業を学ぶよりも、自分で学習内容を組み立てて学んでいくことで、受験に向けて自己管理能力も自然に身に付きます。また、自分のペースで進めていくうちに責任感も生まれてきます。

これは社会人になってからでも言えることですが、上司などから任された仕事だけをこなす人と、それ以外にも自分で考えて計画的に仕事ができる人とでは、信頼度も仕事のスキルも格段に異なってきます。全部学校で決められた学習をするのではなく、自分で考えて学習を進めていくという行動は、将来的には大きな力となり、自信にも繋がります。つまり通信制高校は人としての成長を促す学習スタイルを取り入れている学校とも言えるのではないでしょうか。

大学進学する場合の通信制高校の選び方

大学進学を考えているのでしたら、どの通信制高校を選ぶのかが大切です。通信制高校には進学に強い学校もあれば就職に強い学校もあり様々です。大学進学を目指すのであれば、大学受験対策を行っている学校を選びましょう。

実際のところ、自学自習だけでは、なかなか大学合格につながらないのが現実です。大学受験に直結する学習ができる講座があるか、大学進学に向けたサポートがあるのかを事前に確認しておきましょう。

通信制高校で大学進学する際に気を付けておくべきポイントとは?

通信制高校で大学進学をする際にはいくつか気を付けておくべきポイントがあります。まず、通信制高校は自主的な学びが必要不可欠なので、いかに勉強できる環境を整えられるかがキーポイントです。勉強できる時間が十分確保できるのか、計画通りに学習を進めていくことができるのかが重要となります。受験勉強は長期にわたり気力と体力が必要で、毎日自分で様々な管理をしながら学習していくのが難しいと感じる時もあります。

大学受験サポートがある通信制高校であれば、そのような悩みを解消するためのサポートを受けられたり、同じ気持ちの仲間もいます。こと大学受験に関しては、通信制高校だからと言って全てをひとりで行う必要もなく、困りごとがあったときは、ひとりで悩まず先生にすぐに相談するとよいでしょう。

大学受験は、ひとりで学びを進めていく部分と、先生や友人たちと共に学習していく部分を上手くバランスを取りながら進めていけると心強いでしょう。まずは自分がどの大学に進学したいのか、何が苦手で何を勉強するとよいのかをはっきりとさせておきましょう。自分のペースで学習できるからと言って偏った学習ペースにならないように注意してください。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから