通信制高校でも大学進学を目指せるの?

大学進学を目指すのであれば、通信制高校、全日制高校に関わらず、当然のことながら、早いうちからしっかりと学習計画を立て、毎日相当の時間を割いて集中して勉強をしなければならないでしょう。通信制高校は全日制高校と比較し、登校日数が少ない分、大学受験には向いていないと思われる人もいますが、本当にそうなのでしょうか?


通信制高校から大学進学はできるの?

結論から言うと、通信制高校からでも大学進学は十分可能ですし、通信制高校から大学進学を果たしている先輩も数多くいます。

中には、通信制高校の方が大学進学に向いている人も少なくはありません。理由としては、自分のペースで学習を進めることができることが挙げられます。

なぜなら、通信制高校では、普段は教科書などを用いて自宅で学習し、レポートの提出や実際に学校で授業を対面で受けるスクーリングに出席しながら学習を進めていきますが、登校型の学校やコースでなければ、全日制高校に比べて、学校での勉強に関わる時間が少なく、余った時間を使って、希望する大学に応じた受験対策に多く時間を割くことができるからです。

一方で、自分で計画的に学習していかなければなりませんので、自己管理をしっかりと行うことが求められますが、見方を変えれば、受験勉強を進めていくうちに、目標達成に至る自分自身に対する責任感と自己管理能力が自然に身に付いてきます。

これは社会人になってからでも言えることですが、任された仕事をただこなす人と、それ以外にも自分で考えて計画的に責任を持って仕事ができる人とでは、信頼度も仕事のスキルも格段に異なってきます。

もちろん、大学受験は、自分ひとりの力だけで継続できるものではなく、ご家族や学校の先生の支援が必要不可欠です。しかし通信制高校を選んで進学したからには、こう言った通信制高校のメリットを最大限に活かすことで、意外と全日制高校よりも有利に進めることが可能になります。

大学進学する際の通信制高校の選び方

それでは、大学進学を考えているのでしたら、どの通信制高校を選べばいいのでしょうか?

通信制高校も様々で、大学進学に強い傾向の学校もあれば、就職やその他の進学に強い傾向の学校もあります。しかし、どの通信制高校も、大学受験対策には一通り取り組んでいます。

しかし、絶対に大学進学を目指すのであれば、大学受験専門のコースを選ぶか、大学受験対策講座を別途行っている学校を選んだ方がいいでしょう。

実際のところ、自学自習だけでは、なかなか大学合格につながらないのが現実です。大学受験に直結する学習ができる講座があるか、大学進学に向けたサポートがあるのかを事前に確認しておきましょう。

通信制高校で大学進学する際に気を付けておくべきポイントとは?

通信制高校で大学進学をする際にはいくつか気を付けておくべきポイントがあります。まず、通信制高校は自主的な学びが必要不可欠なので、いかに勉強できる環境を整えられるかがキーポイントです。勉強できる時間が十分確保できるのか、計画通りに学習を進めていくことができるのかが重要となります。受験勉強は長期にわたり気力と体力が必要で、毎日自分で様々な管理をしながら学習していくのが難しいと感じる時もあります。

大学受験サポートがある通信制高校であれば、そのような悩みを解消するためのサポートを受けられたり、同じ気持ちの仲間もいます。こと大学受験に関しては、通信制高校だからと言って全てをひとりで行う必要もなく、困りごとがあったときは、ひとりで悩まず先生にすぐに相談するとよいでしょう。

大学受験は、ひとりで学びを進めていく部分と、先生や友人たちと共に学習していく部分を上手くバランスを取りながら進めていくことが大切です。できれば自分がどの大学に進学したいのか、何が苦手で何を勉強するとよいのかをはっきりとさせておきましょう。自分のペースで学習できるからと言って偏った学習ペースにならないように注意してください。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから

学校説明会のお申し込みはこちらから

学校見学・個別相談のお申し込みはこちらから