通信制高校のスクーリングとは?

スクーリングとはどのような学習方法でしょうか?これまであまり聞きなれなかったスクーリングという言葉も、最近は通信制高校に進学する生徒が増えてきたこともあり、徐々にスクーリングという言葉も知られるようになってきました。今回は、スクーリングの必要性についてお話します。

スクーリングとは?

スクーリングとは正式には「面接指導」と呼ばれ、通信制高校などでよく用いられる言葉で、学校に登校して先生から直接授業を受けることです。全日制の学校であれば、週5日学校に通うのが一般的ですが、通信制高校は必ずしも週に5日通う必要はありません。スクーリングは、週に何日通わなくてはならないということではなく、コースや履修単位数に応じてスクーリングに通う間隔や登校日数が生徒によって異なります。通信制高校はスクーリングに通いながら自宅でも勉強するので、毎日学校に通わなくても卒業資格が取得できます。スクーリングに通う頻度はどのくらいか気になるところですが、その前に高校卒業の条件として次の3つの定めがあります。

・3年以上在籍すること

・必履修科目を含む74単位を取得すること

・30単位時間以上の特別活動に参加すること

つまり通信制高校は、これらの条件を満たすことができれば、スクーリングに毎日通わなくてもいいわけです。

スクーリングではどんなことをするの?

通信制高校ではレポート提出が求められますが、スクーリングでは、レポートの解説をしたり、レポートに関連する学習をしたりします。また、レポートを提出して終わりではなく、そのレポートの狙いがどうだったのかなど、解説を聞くことによって、理解度が増します。レポートは先生の添削後返却されるので、わからないところがあれば、スクーリングの時に聞くこともできます。さらに、レポートに関することだけでなく、進路に関する指導などを行う場合もあります。進路はすぐに決められないことも多いですが、ひとりで悩まずに先生たちに相談することで自分だけでは見えなかった部分も見えてくることがあります。自学自習では補えない部分をしっかりとサポートする役割を果たすのが、スクーリングの意義とも言えるのではないでしょうか。通信制高校は登校日数が限られてきますので、スクーリングには必ず出席をして、集中して臨むことが必要です。

スクーリングだから通える生徒も

学校のコースにもよりますが、スクーリングは、一般的に毎日学校に通う必要がありません。全日制高校のように毎日通う場合は、学校生活での人間関係が必要不可欠です。良い人間関係を築くには労力を使うことも多く、必要以上に気を遣ったりと、時には人疲れしてしまうことも少なくありません。中には勉強をしたくて学校に通っていても、イベントや部活動などで良い人間関係を築いていなければならないことが多いので、人間関係を築くことが優先で勉強が後回しになってしまう人います。一方で、通信制高校は登校日数が少なくて済むスクーリング形式なので、人間関係をわずらわしいと思うことも少ないでしょう。逆に登校が少ないからこそ、友達との触れあいが楽しいと感じることさえあります。学校で勉強はしたいけれど人間関係や不登校などで、学校に通うのが不安と感じる人の不安材料を取り除く意味でも通信制高校のスクーリングは重要な役割を果たします。スクーリング形式だからこそ、友達ができたと経験している先輩たちも多く存在するので、集中して勉強に学べる環境が整ったスクーリングはしっかり学習したい人にとってうれしい学習方法です。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから