通信制高校のテスト

特に中学校で不登校だった方は、通信制高校に入学しても学力面で不安感が強いと思います。
全日制高校にはテストがあることが一般的ですが、通信制高校にもテストはあるのでしょうか。
通信制高校は基本的に自宅学習をメインとしています。生徒は必ずしも毎日登校することもないため、テストもないイメージを抱いている人も多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。テストがあるとなると「勉強が苦手でも大丈夫かな?」と不安になることもあるかもしれません。

通信制高校にテストはあるの?

全日制高校では中間テストとか期末、学年末テストなどがあります。通信制高校でも同じように単位認定を受けるためのテストがあり、そのテストを単位認定試験と呼びます。
「試験に向けての勉強が苦手」「赤点をとったらどうしよう」とテストに対して不安を感じている人は非常に多いです。
通信制高校によって単位認定試験(テスト)のやり方は様々で、単位認定試験を受ける場所は教室でみんな一斉に受ける学校もあれば、コースによってばらばらに教室で受けたりするような学校もあります。
時期もレポートが提出し終わった順にやるような学校もあれば、スクーリングのときには多くの生徒が集まるので都合がよいので、スクーリングの時に時間を設けて実施する学校もあります。

通信制高校でのテストの回数

・テストの実施は年に数回程度
通信制高校の単位認定試験は学年末や各期の終了時に実施されます。いずれも出題範囲は広くなりますが、普段の勉強を真面目にしていれば難なく解けるレベルです。

通信制高校のテスト勉強法

通信制高校におけるテストは、提出したレポートの内容とスクーリングで学んだことをきちんと押さえていれば難しいものではありません。つまりテストに向けた対策としては「復習」に尽きると思います。全日制の高校の試験対策と大差ありません。

・レポート課題を見直す
まずは、レポート課題を見直してください。なぜならば、通信制高校のほとんどのテストの内容は、レポート課題の範囲内から出題されるからです。穴埋め問題を丸暗記するだけでも、高得点が狙える場合が多いです。

・教科書を繰り返し読み返す
通信制では、教科書に書いてある内容しか出題されません。
レポート課題を見直したら、その範囲の教科書を復習してください。テスト範囲の教科書を読み込むだけで、十分な効果があります。基礎を繰り返し学習して、確実に点数を取ってください。

赤点でも単位は取れる?

通信制高校は学年制ではなく単位制なので留年になることはありません。
赤点でも単位が取れないというのが決定する訳ではなく追試が行われる通信制高校がほとんどですので赤点を取ったテスト内容を勉強して追試で再チャレンジすれば大丈夫というわけです。
そもそも、「赤点を取ったらどうしよう」という不安感は、なんとか卒業したい気持ちが強いからこそ出てくるものです。
卒業の意識が高い人は、どのようなテストなのか、未体験だと不安になるかもしれませんが、その気持ちがあるならば通信制高校のテストはクリアできるでしょう。
卒業の意識が弱い人は、追試を受けなかったり全く勉強せずに追試に取り組みますが、テスト結果が変わらないとその科目の単位は取れない結果に終わります。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから