通信制高校の偏差値って?

通信制高校への進学を考えている方は、学校の偏差値も気になるところです。全日制の高校では学力の指標として「偏差値」が取り入れられていますが、通信制高校でも同じように「偏差値」で学力が判断されるのでしょうか?ここでは、通信制高校の偏差値についてや、通信制高校からの大学進学についてもご紹介します。


通信制高校に偏差値はありますか?

結論から先に言いますと、通信制高校には一般的に「偏差値」という考え方がありません。

入学選抜の際に学力試験を実施しない通信制高校が少なくないからです。学力試験のかわりに「作文」や「面接」を実施して合否を決める学校もあります。

通信制高校からでも大学進学はできるのでしょうか?

偏差値の考え方がもともとない通信制高校からは大学進学は難しいと考えている人もいます。しかし通信制高校でも全日制高校でも「高校卒業資格」は同じでなので、大学を受験することはもちろん可能ですし、全日制高校と比較して不利になることはありません。

あなた自身が志望する大学に見合う学力さえあれば、通信制高校からでも大学への進学は十分可能と言えます。

たとえば私立の大学であれば「一般選抜」の他に「学校推薦型選抜(推薦入試)」や「総合型選抜(AO入試)」による進学を目指すという方法もあります。学校推薦型選抜や総合型選抜を取り入れている大学も数多くあり、それらの入学枠は年々広がっています。学校推薦型選抜や総合型選抜では学力だけではなく、その大学で「何を学びたいのか」という熱意や学習意欲が、合否の判断材料になることがあります。そのため、強い熱意や学習意欲とともに、優れた過去の実績などがあれば、入学できる可能性は充分にあると考えられます。この場合も通信制高校からの進学であることが不利になることはありません。しかし、今やブランド名や難関大学だからという理由だけで選ぶのではなく、自分が将来やりたいことに合わせて大学を選ぶ時代です。

通信制高校でも学力の向上は期待できるの?

通信制高校は基本的に自宅で学習を進める時間が多いので、学力アップできるかは本人のやる気がとても重要です。自分で学習計画を立てて、コツコツと継続できる習慣がもてれば、学力アップも期待できます。

登校日数が少なく、自分のペースで、自分の志望大学に合った、必要な勉強に時間を多く割くことができる通信制高校の強みを活かすことができれば、全日制高校のように学校で決められた時間割に縛られて勉強するより、通信制高校の方が目標達成の可能性が高くなる場合もあります。

また、通信制高校の中には、大学進学を目指せる専門コースや講座を設置している学校もあります。大学受験専門のサポート体制により当然学費が高くなる場合もありますが、別途進学塾に通うよりは安くつくケースもあります。大学受験のための手引や指導をしてくれる通信制高校を選べば大学進学も身近に見えてくるでしょう。


英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから

学校説明会のお申し込みはこちらから

学校見学・個別相談のお申し込みはこちらから