通信制高校の単位の仕組みはどうなっている?

通信制高校に行く場合に、全日制とはどう違うのかが気になりますね。単位が重要となるのが通信制高校です。どんな仕組みになっているのでしょうか。まずは、通信制高校と全日制の違いからご紹介します。

通信制高校は全日制とどう違う?学年制との違い

通信制高校は、学年制となっている全日制とは大きく異なります。学年というものがなく、単位が基本で進んでいきます。
通信制高校は、高校に3年以上在籍して74単位を取れば卒業できる仕組みになっています。
学年の区切りがありませんので、その分自由な印象を受けるでしょう。
学年制を取る全日制高校の場合には、1年で何単位を取って、2年生で何単位を取ると決まっています。進級するのが大変だったということもありますよね。
通信制高校では、学年で単位を取っていくという区切りがありませんので、自分のペースで74単位を取ればいい点が楽です。

卒業までに74単位を取得

通信制高校では卒業までに74単位が必要で、3年間で自分のペースで単位を取得していけます。単位が取れずに留年してしまうと悩まされないのはいいでしょう。
例えば、入院していた人なども元気になってから多くの単位を取ることができます。学校にあまり通えない状況やスポーツなどで集中したい期間がある際にも、通信制ならば時間ができた時に単位を取っていけばいいことになります。
自分で計画を立てて74単位を取っていけば大丈夫で、均等に毎年取る必要がありません。時間が自由に使えるのがメリットです。
また、74単位の他に、特別活動として30単位時間の取得が必要です。全日制のようにホームルームや体育祭、修学旅行、進路指導などの特別活動があります。ただし、どれが単位時間として認定されるのかは学校によって設定が異なります。

通信制高校の単位はどうやって取れる?

通信制高校の単位は、スクーリングと言われる授業だけでなく、レポートがあるのが特徴です。レポートが出されますので、それを自宅や学校で解いて提出することが必要です。
レポートといっても、問題のようになっていて問題に解答していく形で、これを提出することで評価されます。
レポートでわからない点は、スクーリングに行った際に相談することもできます。最後は単位認定のためのテストがあって単位を取得していきます。
レポートは、郵送やネット送信で大丈夫ですので自宅で多くの勉強ができます。ある程度の提出期限はありますが、自分で自由にやれる点がいいでしょう。

全日制から通信制に転校した場合の単位はどうなる?

全日制から通信制に転校する人もいます。その際に単位がどうなるかも気になりますよね。
通信制高校では、ほとんどの単位が引き継げます。全日制などで取った単位があれば、それを含めて74単位取れば大丈夫です。
ただし、全日制の単位は、学年が終了した際に取得することになります。1年次の途中で中退した場合には引き継ぐ単位がないことになります。
転入の場合には、同学年と一緒の年度で卒業できるように単位の引継ぎを配慮してくれる場合もあります。転入のタイミングなどは学校へ相談して確認してください。卒業までにあと何単位取らなければならないのか、どのくらいの期間で卒業できそうなのかを最初に確認してみるといいでしょう。

通信制高校の単位は計画的に取れば自由でおすすめ

通信制高校の大きな特色は、学年制でないという点です。3年以上在籍して74単位取れば卒業でき「進級できない」「留年する」といった心配が少なくてすみます。
ただし、その分自分で単位を計画的に取る必要が出てきます。最初にあまり単位を取らなかった場合には後半になって大変になるケースが多くなります。4年以上かかってやっと卒業したという人も通信制高校の中にはいます。「進級できない」や留年がないことはメリットですが、卒業が大変にならないようにしたいですね。基本的に単位については、自分で管理していけば、自由に勉強できますのでおすすめです。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから