通信制高校の学費はどれくらいかかるの?

・全日制高校よりは安そうだけど、私立の通信制高校の学費はどのくらいかかるの?

私立の通信制高校の学費は、学校によって様々なので一概にいくらだとは言えないのですが、おおよそ以下の通りです。

□入学金

1万円から10万円を超えるところもありますが、同じ学校でもコースによって入学金の額が異なる場合もあります。

□授業料(実質無償化になるケースもある)

1単位あたりの授業料は7,000円から12,000円程度です。

例えば1単位当たり10,000円の学校の場合、卒業に必要な74単位を取得すれば74万円かかります。

ちなみに国の高等学校等就学支援金」が利用できる学校ならば、世帯年収がおおよそ590万円未満の世帯は条件によって実質無償化になります。

□その他、教育に関連する費用

「教育充実費」「施設設備費」「教育関連諸費」など学校によって名称が様々ですし、同じ学校でもコースによって異なるところもありますが、授業料とは別に年間で10万円から30万円程度はみておいた方がいいでしょう。

また、教科書代や制服代、修学旅行などの校外学習費用もその他の費用になります。

その他にも合宿(宿泊)型のスクーリングを実施している学校の場合、宿泊費や別途交通費などの費用がかかる場合もあります。


登校型(通学型)コースの場合は別途学費が必要なところも

通信制高校の登校パターンには、

  • 年に数日(例えば年間に5〜10日間)の登校で卒業を目指す、通信型(ネット型)のコース
  • 週に数日(週に1〜5日)登校して卒業を目指す、登校型(通学型)のコース

とに大きく分けられます。週に1日だけ登校するも、5日間登校するも、そのコースは一般的に登校型(通学型)のコースの分類になります。

学校によってコースの名称は様々ですが、そのコースが年間数日程度の登校でいいのか、週に何日か登校するのか、で判断してください。

ここで確認してほしいのが、

登校型(通学型)のコースの場合、上記の授業料の他に、通学日数に応じて別途年間で例えば30万円以上かかるコースもあるということです。もちろん授業料に既に含まれているコースもあります。

自分の望む学習スタイルが、週に数日程度登校する登校(通学)型のコースであれば、別途授業料がかかるのかを確認することが大切です。


サポート校の学費って?

まず、初めに押さえておきたいのは、サポート校自体は通信制高校ではありません。通信制高校の学習をサポートする教育機関と考えればわかりやすいでしょう。

ですから通信制高校へ支払う授業料とは別に、サポート校に支払う授業料も発生します。

上記の登校型(通学型)コースの学費の考え方と少し似ています。

サポート校の学費も様々ですが、通信制高校の授業料とは別に、年間で例えば30万円以上かかる場合もあります。

また、通学の際の学割が効かないサポート校もありますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。


まとめ

以上、学費が高いから悪い学校、安いから良い学校ということではありません。それぞれの学校には特色があり、学費が異なっても当然のことと言えるでしょう。インターネットや資料だけではわかりにくい場合もありますので、不明な点があれば学校に直接問い合わせてみましょう。


英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから

学校説明会のお申し込みはこちらから

学校見学・個別相談のお申し込みはこちらから