通信制高校の選び方

通信制高校に興味がある、通おうとしてる方は、どうやって学校を選べばいいか迷っていませんか?「全日制の高校ではやりたいこととの両立ができないかも…」「不登校になったから、通信制高校へと通おうと考えているんだけど…」「もう成人しているけれど、将来のために高校を卒業しておきたい!」など、通信制高校へと通う理由は多種多様ですが、自分の要望にマッチしたスクールに通う必要があります。どうせ入学するならサポートがしっかりしている所を選びたいですよね。

通信制高校はどこも同じではない!

通信制高校にも、公立と私立があるということ、知っていましたか?
それぞれの学校によって校風や学習内容、コース、学費など異なる部分があります。
ですので、通信制高校を選ぶ際には、次にご紹介するポイントを確認してみましょう。
・公立か私立か
・学費は払える金額かどうか
・通学が可能かどうか
・フォロー体制は整っているか
それぞれのポイントについて解説していきます。

公立か私立か

公立

「お金をかけたくない」という方には、やはりおすすめは公立の通信制高校です。
公立の通信制高校の受講料は各都道府県の教育委員会が設定しますが、1単位あたりの学費がとてもリーズナブルです。卒業までにトータルでかかる学費は取得単位数により数千円から数万円という計算になり、誰に対しても門戸が開かれてるといっても良いでしょう。

私立

手厚いサポートを期待しているならば、おすすめは私立の通信制高校です。
1単位あたり平均10,000円というのは、確かに公立の通信制高校よりは高額です。しかし、私立の全日制高校と比較すると安いといえる金額です。
また、通信制高校でも、高等学校等就学支援金を利用することができます。高等学校等就学支援金とは、高校に通う生徒が国に申請を出してもらえる支援金です。私立の通信制高校ならば、世帯年収に応じて学費の支援を受けられることがあります。対象校かどうか学校へ問い合わせてみましょう。

学費は払える金額かどうか

上記で学費について触れましたが、やはり無理をして払いきれないような学費の通信制高校に通っても、途中で支払いが苦しくなってしまって通うことが難しくなってしまっては本末転倒ですよね。それぞれの家庭環境や経済状況がありますが、学校選びにおいてまずはご自身の払える範囲の学費なのかどうかを見ておくことはとても重要なポイントと言えます。
公立でも私立でも通信制高校に通う場合は、世帯の年収に応じて「高等学校等就学支援金」が支給されます。これは授業料に充当されるもので、国から直接学校に支払われます。そのため、授業料がかなり軽減されます。就学支援金の対象となれば、公立の通信制高校の授業料は一律無償化、私立の通信制高校でも2020年(令和2年)4月からの制度改正により、授業料が実質無料化する世帯が大きく拡大します。
(なお、授業料以外の入学金や教科書代などの費用は就学支援金は利用できません。)

通学が可能かどうか

通信制高校の基本は自宅学習ですが、スクーリングといって面接指導を受けることも単位取得の条件になっています。そのため、スクーリングで登校する必要があります。
しかし、学校があまりに遠いとスクーリングが苦痛になり続かなくなってしまいますので、学校まで通える距離かどうかも確認しましょう。たとえば、私立の通信制高校では、普段の学習は近くの学習センターやサポート校で行い、スクーリングを本校で実施するというところがあります。本校がかなり遠隔地の場合があるので、それに参加できるかどうかを事前によく考えておくことが大切です。このような遠隔地のスクーリングは集中スクーリングと言って数日間宿泊する場合もあります。

フォロー体制は整っているか

しっかりと最短期間で高校卒業するため、また、卒業後希望進路に進むために、「フォロー体制がどれだけのものか」というのは非常に重要です。
通信制高校は自宅で学習し、レポートを提出します。3年以上で74単位を修得することが卒業の条件です。「いつまでにレポート提出」といった期限は基本的に設けられていません。そのため、いつどの単位を学習して、いつレポートを提出するか……といったことは自分で決める必要があります。自分で意志が弱いと思う人はサポートが厚い学校を選ぶことをおすすめします。
特にアルバイトなど働きながら通信制高校で学ぶ人は、十分な学習時間が取れないと単位の取得が遅くなりなかなか卒業できません。
やがて学習意欲を失ってしまうということも起こり得ます。そこで、特に忙しい人や意志が弱いと思う人は、サポートに力を入れている学校を選ぶようにしましょう。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから