高校を転校する理由って?

いろいろな事情で高校を転校(転入)したいと思っているけれど、転校は簡単にできるのでしょうか?転校をするにしても、もう一度その理由について考えてみましょう。

高校を転校するのは大変なの?

まず転校とは、今の高校から他の高校の現在の相当学年に入学することを言います。それとよく比較されるのが編入ですが、編入はいったん高校を退学した人が他の高校へ再入学することを言います。

転校したいと思っても一体誰に相談すればいいの?まわりから反対されない?手続きはどうしたらいいの?悩みは尽きないでしょうが、まずは転校先の高校が転入や編入を受け入れているかどうかを調べてみましょう。

事情にもよりますが、少しずつ進めていけば転校も大変ではありません。

転校する理由は?

遠くに引越しをするなどの理由で転校するのであれば仕方がありませんが、せっかく頑張って入学した学校ですから、できれば卒業までいたいものです。

それでも今の学校にいたくない事情は誰にでも突然やってくるものです。

学校やクラスの雰囲気が合わない。いじめがある。不登校になった。勉強についていけない。病気のため。経済的に厳しい。など様々な理由があります。

理由は言いたくないかもしれませんが、転校して後悔しないためにも、まずは、家族や学校の先生に率直に相談し、今の学校にいる限り、どうしても解決できないようであれば転校を考えてみましょう。

▶︎英風高等学校の転入学・編入学について

転校の条件として成績(単位)や出席状況は?

転校する際には、これまでの成績(単位)や出席状況がどう評価されるのかが気になるでしょう。

学校にもよりますが、通信制高校であれば、出席状況は特に気にする必要はないでしょう。

それよりも、これまでの単位がどのくらい認められるのか、自分が考えている時期に卒業が見込めるのかが重要です。

転校する時期(高1・高2・高3などの学年やその月)も非常に重要ですので、転校先を考えている学校に事前に相談しましょう。

▶︎英風高等学校の転入学・編入学について

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから