高校中退後の進路はどうする?

さまざまな事情で高校を中退した場合に、その後の進路をどうするのか不安なことも多くあります。高校中退後の進路としてどんな進路を選択することができるのか、多くの人がどんな進路を選んでいるのかが気になります。
高校中退後も、目標を持つことで、いろいろな進路が開けてきますので参考にしてください。
高校中退後にはどんな進路があるのか?
高校を中退した場合には、また勉強をしたいのか、就職をしたいのか、他に何かやりたいことを見つけるのかを考える必要があります。
中退後の進路として多くの人は次のような進路を選択しています。
・通信制高校に入る(編入学)
・高卒認定試験を受ける
・就職する
それぞれについて見ていきます。

通信制で高卒資格を得る

最近では、高校を中退しても引き続き何らかの形で卒業の資格を取る人が増えています。中退しても、通信制に通って高卒の資格を多くの人が取得しています。
通信制が増えているというのが最も大きな理由です。
通信制ですと、あまり学校に通わなくても自分のペースで勉強ができるのがメリットです。これなら続けられるという人も多いでしょう。
中退前の高校在籍期間を評価してくれ、取得した単位を引き継ぐこともできます。うまくいけば、学年がずれずに高校を卒業できるのが大きなメリットとなります。大学受験をする場合も早めに卒業できる通信制はメリットが大きいでしょう。
また、人数は少ないのですが、全日制に入りなおすという人もたまにいます。なかなか難しいので、よほど頑張らなければ難しいかもしれませんが入りなおすことも可能です。

英風高等学校の編入学について

高卒認定試験を受ける

高卒認定試験を受ける人も最近では多くなっています。大学や短大、専門学校に行きたい場合、就職したい場合など、高卒の資格が必要です。高卒認定試験を受けてみる方法もいい方法です。
独学で勉強する自信がある人は、高卒認定試験を受けてみるといいでしょう。
ただし、高卒認定を受けることで高卒の資格は得られますが、学歴は中卒となります。高卒の学歴が欲しい場合は通信制に行く方法がおすすめです。

就職する

進路としては、高校中退で就職するケースもあるでしょう。中卒という資格になるため給与も低く職種も限られてしまいますが、就職するのも一つの方法です。
高校中退でも就職できる仕事さまざまですが、それを目指してみるのもいいでしょう。コミュニケーションに自信がある人、もくもくと仕事ができるという人ならば、おすすめの進路です。
ただし、就職する場合も、将来のことを考えると転職の可能性もありますので、できれば高卒または高卒認定試験を受けて就職する方が良さそうです。

高校中退の場合の進路は、将来の計画を立ててから行うことが大切です。将来の目標などが決まっていれば、そのためにどんな学歴や資格が必要なのかを考えるといいでしょう。
進学するにしても就職するにしても、高校卒業の資格が必要な場合が多くなります。通信制に行ったり、高卒認定試験を受けたりする人が増えています。あまり、将来のことが決まっていない場合は、とにかく高卒の資格だけでも取っておくと将来の選択肢が広がります。

英風高等学校が執筆しています。

資料請求はこちらから
学校説明会のお申し込みはこちらから